桑の効能

医師

桑の歴史は古くお茶で飲まれたり漢方薬で使用されいます

カイコの食べるものとして有名ですが日本では桑の栽培をしている農民など

ごく一部の人たちが健康維持のため昔から桑のお茶を飲んでいますが

一般の日本人が広く飲むようになったのは桑の薬効が知られてからです

桑の薬効は漢方薬の古典の本の本草綱目や神農本草経にも記録され

神農本草経には神仙茶と呼ばれ不老長寿の薬で

咳止め、糖尿病、高血圧予防、滋養強壮、中風などに薬効があると書かれています

本草綱目にも同様のことが書かれ神仙茶と呼ばれ不老長寿の薬で

消渇病(糖尿病)、咳止め、高血圧予防、滋養強壮、中風などの薬効があると書かれています

日本では和妙抄、大同類聚方、医心方などの古い書物にも薬効が記されています

鎌倉時代に栄西禅師が書いた書物の喫茶養生記の中にも

桑粥、桑湯を飲んだり食べたりすれば飲水病(糖尿病)に効果があると書かれています

医師

桑の効能

桑の葉にはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄、マグネシウム

亜鉛、カルシウム、カリウム、カロテン、GABAなど豊富な栄養素が含まれています

糖尿病予防

最も有名なのはDNJ(デキオシノジリマイシン)ですがDNJは食事の後の

血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果やダイエット効果があります

GABA

桑の葉にはGABAも含まれ心の安定や記憶力の向上や認知症の改善、血圧を下げる効果などがあります

食物繊維

桑の葉には食物繊維も豊富に含まれお腹の調子を整え便秘の改善が期待できます

その他各種ビタミンが豊富に含まれ疲労回復や視力の改善、風邪の予防、口内炎の予防

豊富に含まれるカルシウムで骨を丈夫にして骨折や骨粗鬆症の予防につながります

マグネシウム

マグネシウムは精神を安定させる作用や血圧を下げる作用や骨を丈夫する作用があります

骨を丈夫にするにはマグネシウムとカルシウムが必要ですが桑には両方豊富に含まれ

骨を丈夫にして丈夫な歯や骨を維持してくれます

マグネシウムには血糖値を低下させる働きがあり糖尿病予防などの予防につながります

鉄も含まれ貧血などの予防改善につながります

カリウム

カリウムの利尿作用でむくみの改善や高血圧の予防効果があります

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)