熊笹効能

 

熊笹効能 (2)

熊笹は、本草網目や神農本草経にも効能が記載され
血液浄化作用のある葉緑素や免疫力を向上させる多糖類のバンフォリン、ミネラル類
ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、安息香酸、カルシウム、リグニンなどが含まれています。

熊笹は日本でも昔から様々な用途で使用され食中毒の予防や治療薬として使用されてきました
防腐作用や殺菌効果の高い植物で旅で食べるお握りや笹団子、笹寿司などを包んだり利用されてきました

熊笹は昔から病気や怪我の治療に利用され胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪や
火傷や切り傷、湿疹、あせも、虫さされ、口臭、体臭など日常的に利用されていました

熊笹効能

葉緑素(造血作用、血液浄化、脱臭効果、抗アレルギー)

熊笹多糖体(細胞膜を強化、免疫機能を活性化、ガン細胞の増殖を弱める作用)

貧血を予防、高血圧の予防、ニキビ・口臭、貧血予防、胃潰瘍・胃炎予防

熊笹は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などの緩和や
ピロリ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌の発生や増殖を抑え食中毒などを予防します

コレステロール値の上昇を抑える働きや血液をサラサラにして血行を改善して
冷え性や動脈硬化を予防する働きがあります

熊笹にはアクネ菌を抑える働きがあるのでニキビなどの肌のトラブルの予防になります

熊笹に含まれるリグニンは不溶性食物繊維の一種で便秘の予防や便秘解消に役立ちます

熊笹効能

熊笹に含まれる葉緑素はクロロフィルとも呼ばれ体内からコレステロールやダイオキシンなどを排出してくれます
緑の血液と呼ばれ解毒作用があり食品や生活で取りれる有害物質のカドミウム、ダイオキシンなどの

有害物質を輩出して体を守りコレステロールが溜まるのを抑制して血液をさらさらにして流れを良くする
細胞を活性化させる働きケガや傷の完治するのを早める働きなどがあります