長命草の効能

長命草効能

長命草はサクナ、ボタンボウフウ(牡丹防風)とも呼ばれ1株食べると1日長生きすると呼ばれ
健康維持のために昔から料理や風邪、ぜんそく、腎臓病、神経痛民間の薬として使用され
ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カロテン、カリウム、カルシウム
クロロゲン酸、ルチン、イソサミジンビスナジンなどのポリフェノールを豊富に含む植物で
海岸周辺の岩場や崖に自生する多年草の1つです

長命草には血行を促進して代謝を上げるビスナジンや
ビタミンCの吸収を高める働きや血管強化作用のあるルチンや
中性脂肪を抑えるクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれ
活性酸素を除去して動脈硬化や高血圧などの生活習慣病や老化の防止などに役立ちます

クロロゲン酸

クロロゲン酸はコーヒーに含まれている成分で中性脂肪を抑える効果がありダイエットに有効ですが
長命草にはクロロゲン酸が2倍以上多く含まれています

クロロゲン酸は体内で食事などから取り入れる糖(グルコース)の上昇を緩やかして血糖値を抑える働きや
中性脂肪の蓄積を抑える働きがるので糖尿病や肥満の抑制やダイエットの効果が期待できます

長命草効能 (2)

長命草の特有成分のイソサミジンには膀胱や前立腺の筋肉を緩める働きや血管拡張作用などがあり
血行を良くして冷え性や肩こり、腰痛の改善や利尿作用があり
排尿を促し残尿感や頻尿やむくみの改善が期待できます

その他にもビタミンEも含まれるので冷え性の改善の効果が期待で増す
ビタミンEは抹消欠陥を拡張して血行を改善する働きや女性ホルモンの原料になり
女性ホルモンの乱れによる症状の改善が期待できます

カリウムも豊富に含まれているので余分な水分や塩分を排出して
高血圧の改善やむくみの改善の効果が期待できます

コラーゲンを生成してメラニンの生成を抑制するビタミンCが含まれるので美肌の効果や
粘膜を強化して風邪の予防に効果があります

血流を改善
美肌効果
むくみの改善
老化予防
ダイエット効果
貧血予防
粗しょう症予防