ケール効能

ケール

和名ではケールハゴロモカンラン、リョクヨウカンランといい学名(Brassica oleracea var. acephala)といいます
アブラナ科アブラナ属に属し、キャベツやブロッコリーの原種とされている植物です

世界中に普及しおり種類も多く食用では
ルトガルケール、キッチンケール、シベリアンケール、ツリーケールなどがあります

地中海沿岸が原産で約4500年前にできたと言われています
多くの野菜がアブラナ科の雑草を起源にもち、キャベツ、ブロッコリー、カリフフラワー
白菜、大根、クレソン、わさび、マカなどがあります

ケールは紀元前ごろにはギリシャで栽培されており
野生のケールを食べている羊が丈夫で発達も良いことから注目されました

古代ギリシャの数学者ピタゴラスはケールの栄養素に注目して
元気と落ち着いた気分をもたらす野菜と文献に記載しています

ケールが日本に伝わったのは江戸時代で1709年に貝原益軒が執筆した書物
大和本草(やまとほんぞう)にケールと思われる食物がオランダナの名で記載されています

葉大にして光り無く白けたり、花は淡黄色にしてスズシロの花の如し味佳し
植えて後、三年して花開くスズナの類なりと記されています

当時の日本では観賞用で食用の習慣はなく広く普及するのは昭和20年前後になります
ケールの青汁を普及させたのは遠藤仁郎博士です

ケールの効能効果

ケールの効能効果

ケールにはポリフェノールのルテインやβ-カロテンが豊富に含まれています
抗酸化物質であり優れた抗酸化力を持ち活性酸素を除去して体調全般を改善してくれます

またβ-カロテンは、トマトの5倍も多く含まれておりカルシウムは牛乳の2倍含まれ
メラトニン、ビタミンE、ビタミンC、食物繊維などの栄養素も豊富に含まれています。

ルテインやβ-カロテンやβ-カロテンが豊富に含まれているので
目の疲れや強い光や紫外線などから守ってくれます

またβ-カロテンは必要なときにはビタミンAに変換されるので
同様に目の疲れや保護や眼精疲労の改善に役立ちます

ビタミンAは粘膜や皮膚を保護して皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます
またビタミンAに変換されず残ったβ-カロテンは体内で抗酸化物質として働き
抗酸化作用があるので活性酸素を除去して生活習慣病や体調不良の改善に役立ちます

ケールの効能効果 2

ケールにはビタミンE、ビタミンC、ビタミンAが含まれ
これらはビタミンACEエースと呼ばれとても強い抗酸化作用があります

活性酸素の除去やストレス生活習慣病や老化や紫外線から皮膚を守る
その他にも様々な効能があり病気の予防や体調不良の改善に役立ちます

ビタミンEは女性ホルモンの一種の黄体ホルモンの原料にもなり
毛細血管を広げ血行を良くして肩こり、腰痛、冷え性などの改善が期待できます

PMS月経前症候群の原因といわれるものに
黄体ホルモンの影響やセロトニンの低下やビタミンやミネラルの不足が原因だといわれますが

ケールには黄体ホルモンの原料にもなるビタミンEやセロトニン
各種のビタミンやミネラルも豊富なので月経前症候群の改善が期待できます

PMS月経前症候群

乳房のハリや痛み、顔や手足のむくみ、眠気、不眠、便秘
下痢、頭痛、吐き気、にきび、食欲増進

イライラする、集中力がなくなる、憂うつになる、興奮する、不安が高まる、無気力になる

ケールの効能効果 3

ビタミンCは消費しやすく不足がちになるビタミンですが
コラーゲンの生成に必要なビタミンでもあり人間の体内のたんぱく質の30パーセントにもなり

細胞と細胞の結合をする働きがあり肌のハリや弾力をもたらす効果や
血管をしなやかにする効果や抗酸化作用で免疫力を高めて

風邪の予防やストレスを緩和したり活性酸素を抑え老化の防止や
生活習慣病の予防シミを予防肌にハリをもたらすなどの効果があります

またメラトニンが含まれているので不眠症の改善や快適な睡眠に導き
疲労の回復や精神の安定日々の安眠に役立ちます

カルシウムが豊富に含まれているイライラやカルシウムの不足を補い
骨粗しょう症の予防や歯と骨を丈夫するなどの効果が期待できます

不溶性食物繊維の食物繊維が豊富なので腸のぜん動運動を活発にして
お腹の調子を整え便秘を改善する効果が期待できます

ケール効能

カルシウム

100グラム中200mg含まれ牛乳の2倍になります
吸収率も約1,3倍あるので不足するカルシウムをかんたんに摂取することができます

β-カロテン

緑黄色野菜に多く含まれますが
ピーマン100グラム中の含有量は400μg(マイクログラム)
ケールには2900μg(マイクログラム)と7倍含まれています

食物繊維

ケールの食物繊維は豊富で
不溶性食物繊維は100グラム中3,2グラム
水溶性食物繊維は0,5グラム含まれています

ビタミンC

ケールのビタミンCの含有量は100グラム中81mgありイチゴを上回ります

ポリフェノール

含有量は100グラム中257mgあり
野菜の中でも特に豊富でブロッコリーに比べ1,6倍含まれています

 

熊笹効能

 

熊笹効能 (2)

熊笹は、本草網目や神農本草経にも効能が記載され
血液浄化作用のある葉緑素や免疫力を向上させる多糖類のバンフォリン、ミネラル類
ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、安息香酸、カルシウム、リグニンなどが含まれています。

熊笹は日本でも昔から様々な用途で使用され食中毒の予防や治療薬として使用されてきました
防腐作用や殺菌効果の高い植物で旅で食べるお握りや笹団子、笹寿司などを包んだり利用されてきました

熊笹は昔から病気や怪我の治療に利用され胃腸病、高血圧、ぜんそく、風邪や
火傷や切り傷、湿疹、あせも、虫さされ、口臭、体臭など日常的に利用されていました

熊笹効能

葉緑素(造血作用、血液浄化、脱臭効果、抗アレルギー)

熊笹多糖体(細胞膜を強化、免疫機能を活性化、ガン細胞の増殖を弱める作用)

貧血を予防、高血圧の予防、ニキビ・口臭、貧血予防、胃潰瘍・胃炎予防

熊笹は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などの緩和や
ピロリ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌の発生や増殖を抑え食中毒などを予防します

コレステロール値の上昇を抑える働きや血液をサラサラにして血行を改善して
冷え性や動脈硬化を予防する働きがあります

熊笹にはアクネ菌を抑える働きがあるのでニキビなどの肌のトラブルの予防になります

熊笹に含まれるリグニンは不溶性食物繊維の一種で便秘の予防や便秘解消に役立ちます

熊笹効能

熊笹に含まれる葉緑素はクロロフィルとも呼ばれ体内からコレステロールやダイオキシンなどを排出してくれます
緑の血液と呼ばれ解毒作用があり食品や生活で取りれる有害物質のカドミウム、ダイオキシンなどの

有害物質を輩出して体を守りコレステロールが溜まるのを抑制して血液をさらさらにして流れを良くする
細胞を活性化させる働きケガや傷の完治するのを早める働きなどがあります

長命草の効能

長命草効能

長命草はサクナ、ボタンボウフウ(牡丹防風)とも呼ばれ1株食べると1日長生きすると呼ばれ
健康維持のために昔から料理や風邪、ぜんそく、腎臓病、神経痛民間の薬として使用され
ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カロテン、カリウム、カルシウム
クロロゲン酸、ルチン、イソサミジンビスナジンなどのポリフェノールを豊富に含む植物で
海岸周辺の岩場や崖に自生する多年草の1つです

長命草には血行を促進して代謝を上げるビスナジンや
ビタミンCの吸収を高める働きや血管強化作用のあるルチンや
中性脂肪を抑えるクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれ
活性酸素を除去して動脈硬化や高血圧などの生活習慣病や老化の防止などに役立ちます

クロロゲン酸

クロロゲン酸はコーヒーに含まれている成分で中性脂肪を抑える効果がありダイエットに有効ですが
長命草にはクロロゲン酸が2倍以上多く含まれています

クロロゲン酸は体内で食事などから取り入れる糖(グルコース)の上昇を緩やかして血糖値を抑える働きや
中性脂肪の蓄積を抑える働きがるので糖尿病や肥満の抑制やダイエットの効果が期待できます

長命草効能 (2)

長命草の特有成分のイソサミジンには膀胱や前立腺の筋肉を緩める働きや血管拡張作用などがあり
血行を良くして冷え性や肩こり、腰痛の改善や利尿作用があり
排尿を促し残尿感や頻尿やむくみの改善が期待できます

その他にもビタミンEも含まれるので冷え性の改善の効果が期待で増す
ビタミンEは抹消欠陥を拡張して血行を改善する働きや女性ホルモンの原料になり
女性ホルモンの乱れによる症状の改善が期待できます

カリウムも豊富に含まれているので余分な水分や塩分を排出して
高血圧の改善やむくみの改善の効果が期待できます

コラーゲンを生成してメラニンの生成を抑制するビタミンCが含まれるので美肌の効果や
粘膜を強化して風邪の予防に効果があります

血流を改善
美肌効果
むくみの改善
老化予防
ダイエット効果
貧血予防
粗しょう症予防

桑の効能

医師

桑の歴史は古くお茶で飲まれたり漢方薬で使用されいます

カイコの食べるものとして有名ですが日本では桑の栽培をしている農民など

ごく一部の人たちが健康維持のため昔から桑のお茶を飲んでいますが

一般の日本人が広く飲むようになったのは桑の薬効が知られてからです

桑の薬効は漢方薬の古典の本の本草綱目や神農本草経にも記録され

神農本草経には神仙茶と呼ばれ不老長寿の薬で

咳止め、糖尿病、高血圧予防、滋養強壮、中風などに薬効があると書かれています

本草綱目にも同様のことが書かれ神仙茶と呼ばれ不老長寿の薬で

消渇病(糖尿病)、咳止め、高血圧予防、滋養強壮、中風などの薬効があると書かれています

日本では和妙抄、大同類聚方、医心方などの古い書物にも薬効が記されています

鎌倉時代に栄西禅師が書いた書物の喫茶養生記の中にも

桑粥、桑湯を飲んだり食べたりすれば飲水病(糖尿病)に効果があると書かれています

医師

桑の効能

桑の葉にはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄、マグネシウム

亜鉛、カルシウム、カリウム、カロテン、GABAなど豊富な栄養素が含まれています

糖尿病予防

最も有名なのはDNJ(デキオシノジリマイシン)ですがDNJは食事の後の

血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果やダイエット効果があります

GABA

桑の葉にはGABAも含まれ心の安定や記憶力の向上や認知症の改善、血圧を下げる効果などがあります

食物繊維

桑の葉には食物繊維も豊富に含まれお腹の調子を整え便秘の改善が期待できます

その他各種ビタミンが豊富に含まれ疲労回復や視力の改善、風邪の予防、口内炎の予防

豊富に含まれるカルシウムで骨を丈夫にして骨折や骨粗鬆症の予防につながります

マグネシウム

マグネシウムは精神を安定させる作用や血圧を下げる作用や骨を丈夫する作用があります

骨を丈夫にするにはマグネシウムとカルシウムが必要ですが桑には両方豊富に含まれ

骨を丈夫にして丈夫な歯や骨を維持してくれます

マグネシウムには血糖値を低下させる働きがあり糖尿病予防などの予防につながります

鉄も含まれ貧血などの予防改善につながります

カリウム

カリウムの利尿作用でむくみの改善や高血圧の予防効果があります